10-FEETの絶対に聴いておくべき!おすすめ曲をランキングで紹介します

f:id:kikixxxx:20180329062433p:plain

10-FEETの曲を聴くと元気が出ます、KiKiです。

盛り上がるだけじゃない。ハートに響く。心を奪われる。

10-FEETをこれから聴いてみる!という方に「これだけは押さえとけ」的なおすすめ曲をランキングにしてみました。

ちなみに10-FEETは「メロコア」というジャンルですが、ロックやレゲエのような曲もあるので聴きやすいと思います☆

10-FEET おすすめ曲TOP10

1位から書くので、忙しい人や元気がない人も、聴いてもらえると嬉しいです。

MVは感動させても最後で台無しにするスタイルなのでおもしろい、はず笑。ぜひ最後まで観て、クスリと笑ってください。

第1位 VIBES BY VIBES

聴いていて、1番元気が出る曲を第1位に選びました!

泣くばかりではだめ。人は強くならないといけない。でも突き放すわけではなく「一緒に強くなろう」そんな意味が込められていて、ぐっと背中を押してくれる曲

サビもノリが良くて盛り上がりますが『溜め込む性格も傷つきやすい性格も 相手の気持ちが解るからやんか 恥ずべき事やあれへん』という歌詞がいい。何度、勇気をもらったことか。

憂鬱を吹っ飛ばすため、出勤途中によく聴きます!

第2位 RIVER

10-FEETを知らなくても、1度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。『聴くだけで聴くだけで突き刺さる詩と 枯れるまで流れゆく河』歌詞の通り、突き刺さる詩です。

わたしは今までの人生を振り返ると、やっぱり、幸せなことばかりではなかったなぁ。でも、すべてが寄り添って、ひとつになる。自然と泣きそうになる曲です。

激しい曲でも「やさしさ」は入れられますね!(断言)

第3位 アンテナラスト

心が震えるランキングなら1位にしたい…!間違いなく名曲。人の弱さや孤独、悲しみの向こう側。青色の強さが、見えるような気になります。

『寂しさと長四角』この部分が本当に本当に好きです。実は最初、あまりピンときませんでした。きっと普段、見ないようにしていることを歌った曲だったからですね。

10-FEET ― アンテナラスト ~京都大作戦2016 LIVE VERSION~

もしお時間があるなら、この動画を観てほしいです。心が震えます。

第4位 その向こうへ

ライブの定番曲!その向こうへを4位にしました。

サビに入る手前『さよならも醜さも 清らかな卑しさも小さな愛も』『寂しさも虚しさも 一雨ごとにその姿を変えて』…ここがいいです。ぐっときます。

ボーカル・ギターのTAKUMAさんは、綺麗な声とガラ声を(MCやる声も)使い分けてすごいですよね。わたしは聴き始めた頃、2人で歌っていると思っていましたもん。

第5位 goes on

イントロというか最初の1秒から、もうかっこいい。goes onです。

よくライブでは「飛べ!飛べぇぇぇ!」と煽られます。そして一斉にジャンプする。一体感が気持ちいい!なので聴くだけでジャンプしたくなります。電車で聴くとまずいです。

MVだとgoes onが1番かっこいい、と思ってる!

第6位 super stomper

5位に続き、ジャンプしたくなる曲をランクインさせました☆

ライブではめちゃくちゃ盛り上がって、なんだかよくわからないまま「くっちゃくちゃ」になる曲です。そういうのをモッシュといいます。

ちなみにわたしは、モッシュやダイブはできるだけ巻き込まれず楽しむ派です体力ないので!

第7位 2%

なにかに疲れた時、しゃがみこんでしまった時。

『いつかいつか土に還る 不安も忘れて大丈夫』

わたしは「頑張れ」という言葉が、あまり好きじゃないんですよね。だから、もしツラいことがあったらこの曲をあげたいのです。

あとこのMVはナオキさん(ベース・ボーカル)が特にかっこいいですよ…!

第8位 太陽4号

ああ、いい曲だ…そう心から思える曲です。雰囲気や曲調から、勝手に「チオビタ」のCMに使われていると思っていました。気のせいでした←

ちなみにMVは、エキストラとして募った約400人のファンと共にワンカットで撮影されています。綺麗だなぁ、すばらしい。

迷いながらも、がむしゃらに生きる。『僕はきっと僕から見た優しさや正しさで 沢山あなたを傷つけてきました』でもそれも間違っていない。独りじゃない。

朝焼けをみながら聴きたい曲です。

第9位 CHERRY BLOSSOM

2002年のファーストアルバム[springman]に収録されているCHERRY BLOSSOM。

『さくら舞う さくらが咲く 過去は現在のために』…歌詞に「さくら」が使われていると、どうしても春の新生活を想像しますね。新生活への期待と、この先の不安が入り混じる感じ。懐かしいな。

10-FEET主催のフェス「京都大作戦」では必ず歌われている最高に盛り上がる曲です。

動画ね、ファンを大切にする感じがめちゃくちゃ出てるから絶対観てほしいです。一斉に投げられるタオルも、まるでサクラのようで綺麗です。あぁ…フェス行きたい…。

第10位 1sec.

映画「クローズZERO II」の挿入歌として使われた曲、ワンセックと読みます。

かっこいい!その一言に尽きます。初期から中期あたりのギラギラしている男らしい曲もいいですね。とにかくライブでモッシュすごそう!という曲。

MVもいいですよ、何度観ても飽きさせない☆簡単にいうと、かっこいい→ピザ→タライ?!→かっこいい→ピザ→タライ?!みたいな流れです。タライが気になった方は、ぜひ。

わたしが思う10-FEETとは

やさしさも卑しさも強さも弱さも孤独も自由も、何もかもを包み込んでくれる。背中を押してくれる。そんな存在です。

…曲にひっぱられていますね。でも良い曲は、理由なく良いのです。

以上、10-FEETおすすめランキングでした。

無事、先行に応募できました。今年は京都大作戦、行けたらいいなぁ…早くタイムテーブルも公開されてほしいです!