Coyori(こより)の「高保湿温泉化粧水 さっぱり」はベタつかないのに肌がもちっとする化粧水です

coyoriの高保湿温泉化粧水

美容液オイルで有名な、Coyori(こより)の高保湿温泉化粧水 さっぱりをお試しさせていただきました。

化粧水にはしっとりタイプとさっぱりタイプがあるんですが、春夏はさっぱりタイプで十分のうるおいです。

同ブランド「美容液オイル」のためにつくられた化粧水とのことですが、他のブランドと合わせても大丈夫でした☆

温泉水を50%以上配合している「高保湿温泉化粧水」について、詳しくご紹介したいと思います\(^o^)/

公式サイト高保湿温泉化粧水【coyori トライアルセット】

温泉水50%配合した高保湿温泉化粧水

coyoriの高保湿温泉化粧水さっぱり

Coyori(こより)高保湿温泉化粧水は、美人の湯で有名な「島根県の玉造温泉」の源泉を50%以上配合された温泉化粧水です。

化粧水には「さっぱり」と「しっとり」の2種類があります。しっとりの方は、とろみがあるタイプとのこと。

今回使わせていただいたのは「さっぱり」の方です☆

 

和漢・植物エキスが配合で、長時間うるおいをキープします。

  1. アセロラ果実エキス:にごりケア
  2. アロエベラ葉水:保湿
  3. ユズ果実エキス:保湿
  4. マイタケ実体エキス:皮脂ケア
  5. サガラメエキス(海藻):セラミドサポート成分

そしてパラベン、石油系鉱物油、石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、タール系色素、紫外線吸収剤、殺菌剤、合成酸化防止剤、旧表示指定成分、植物由来原料は無添加という安心処方です。

全成分はこちら。由来は()内に表示しました。

【全成分】温泉水(島根の玉造温泉)、水(精製水)、グリセリン(ヤシ・パーム)、BG(合成)、プロパンジオール(トウモロコシ)、ペンチレングリコール(合成)、ベタイン(甜菜)、マルチトール(タピオカ・トウモロコシ・馬鈴薯・甘薯)、アセロラ果実エキス(沖縄産アセロラの果実)、アロエベラ葉水(沖縄産アロエベラの葉)、ユズ果実エキス(徳島産柚子の果実)、マイタケ実体エキス(北海道産舞茸)、サガラメエキス(三重県産サガラメ(海藻))、オリーブ油(オリーブの果実)、セイヨウアブラナ種子油(アブラナの種子)、オレイン酸ポリグリセリル-5(トウモロコシ・発酵)、クエン酸Na(発酵)、クエン酸(発酵)、フェノキシエタノール(合成)

乾燥小ジワへの効能効果も!

高保湿温泉化粧水は、第三者機関(日本香粧品学会)による実験により「乾燥によるシワをめだたなくする」製品と確認をされたそうです。

それでは、実際に使ってみた感想をまとめてみました。

高保湿なのにベタつかないから年齢肌におすすめ

Coyoriの高保湿温泉化粧水の使用目安は500円玉大

使用目安は500円玉大を2度付けします。

1回で付けようとすると液だれしたり、うまくなじまなくてムラになるので、2回に分けて付けた方がいいです。

Coyoriの高保湿温泉化粧水を使っている

少しだけ乳白色をしていますが、手に出してみると透明にしか見えない☆

香りは少しあるんですが、香料が使われていないので何とも表現しづらいです…強いていうなら温泉っぽいニオイ。

今回さっぱりを使わせていただきましたが、丁寧になじませると結構しっとり。春夏向けですし、トロミがあるタイプが苦手なら秋冬でも使えそう◎

高保湿系によくあるペタペタする感じ(肌の表面だけうるおいがち)もないので、乾燥が気になるけどベタつくのが苦手!という方にもおすすめです。

ただ、ボディに使ってみたらベタつきが気になったので、使用するなら首やデコルテまでがいいかもしれません☆

Coyoriは化粧水を含む3点のスキンケアがお試しできるトライアルセット14日分(税込980円)があります。

高保湿温泉化粧水が気になった方は、そちらから始めてみるのもといいと思います!

詳細はこちら高保湿温泉化粧水【coyori トライアルセット】

※もしかしたらトライアルセットだと、化粧水は「しっとり」かも…Coyoriは「美容液オイル」が有名なので、そちらのお試しメインとしてお考えください☆