クレンジングミルク「フィッツ レイドロネトワヤン」はダブル洗顔不要でナチュラルメイク・乾燥肌さんにおすすめ

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤン クレンジングと洗顔料

フランス生まれの100%オーガニックコスメ[ フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤン ]をお試しさせていただきました。

コスメキッチンなどでお見かけしていた「フィッツ」ですが、雑誌【リンネル】ナチュラルコスメグランプリ2013 クレンジング部門で金賞を受賞されたクレンジングミルクです。

これ1つでクレンジング+洗顔ができるんですが、洗い上がりはかなりしっとり。

  • ナチュラルメイク派のクレンジングに
  • 泡洗顔だと乾燥する方に

オーガニックコスメ好きさんにもぴったりのクレンジングミルクです☆

天然由来成分100%のオーガニックコスメ「フィッツ」

フィッツ(PHYT'S)は、1972年に南フランスで生まれたオーガニックコスメブランドです。「自然な美しさ」をコンセプトに、約40ヵ国のエステサロンやショップなどで愛用されています。

フィッツの製品の特徴は、化学物質を一切使わず、すべて厳選した良質の天然由来成分やエッセンシャルオイルのみで製造されていること。

オーガニック先進国のヨーロッパでは、食品から化粧品に至るまでオーガニックの基準が設けられているんですね。

したがってヨーロッパで[オーガニック]を名乗るためには、認定機関による検査を経ての “ オーガニック認定 ” が必要になってきます。

オーガニック認定機関「カリテフランス」について

オーガニック認定機関「カリテフランス」は、世界最大の認証団体であるBUREAUVERITASグループ内の1つで、現在80ヵ国で80,000以上の企業が認証を受けています。

カリテフランスによるオーガニック認証基準はかなり厳しく、原料の流通から製造工程での原料の品質など、全ての生産工程が検査されるそうです。

オーガニック認定の大切さ

オーガニック認定は、ただ有機栽培を証明するだけではありません。

製品の全製造工程を網羅して、環境に対する責任と健全な製造方法であることも保障している製品である。という証明でもあります☆

「安心の証明」なんですね!

コスメビオ(COSMEBIO)マーク

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤンの側面に入っているオーガニック認定された証のコスメビオマーク

フィッツ レイドロネトワヤンの側面についているコスメビオのマーク。

オーガニック認定機関カリテフランス基準を満たした化粧品に「COSMEBIO」のロゴをつけることが許されます。

オーガニック認定の基準はこちら。

  1. 全成分の95%以上が天然由来
  2. 合成成分は全成分の5%以下
  3. 全成分の10%以上が有機栽培された原料
  4. 植物成分の95%以上が有機栽培された原料
  5. 動物テストを行っていない
  6. 遺伝子組み換え成分を含まない
  7. 防腐剤を使用しない
  8. 着色料をしない

そして2002年、フィッツはスキンケアブランドとして世界で初めて取得しました。しかも、カリテフランス基準では「天然由来成分95%以上」に対し、フィッツは全製品が天然成分100%なんですね。

ということは、フィッツはオーガニックコスメ認定基準をさらに上回る基準でつくられた安心のオーガニックコスメブランド ということになります☆

本物のオーガニックコスメってやつです。

フィッツのクレンジングミルクについて

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤンを手に持つ

フランスらしい名前の[ フィッツ レイドロネトワヤン ]は、クレンジングと洗顔ができるダブル洗顔不要のクレンジングミルクです。

オーガニックコスメ認証「コスメビオ(COSMEBIO)」を取得した、100%天然由来の成分でつくられています。

「うるおうクレンジングミルク」ということで、メイクや毛穴の汚れを落としながら、必要な水分や皮脂を保ちます。

全成分はこちら。

【全成分】水、ヒマワリ油*、セテアリルアルコール、コカミドプロピルベタイン、香料(天然)、ヘーゼルナッツ油*、ミツロウ*、グリセリン、セテアリルグルコシド、キサンタンガム、カプリル酸グリセリル、オレンジ油*、ラバンデュラハイブリダ油*、パルマローザ油*、カミツレ花エキス*、シモツケソウエキス*、チャボトケイソウ花エキス*、オタネニンジンエキス*、クエン酸、ゲラニオール、リモネン、リナロール

[ * ]マークがオーガニック成分です。100%天然由来成分のうち、オーガニック成分は14%使用されています。

コカミドプロピルベタインはヤシ油由来の低刺激な成分、ラウリル酸アンモニウムはココナッツオイルとヤシ油由来など、合成の界面活性剤は使われていません。

ちなみにセテアリルアルコールは、アルコールに属しますが水にまったく溶けない成分。乳化安定剤などの目的で配合されているそうです☆

主要成分の役割

  • ヒマワリ油【皮ふ軟化作用】保湿作用が高く、ビタミンEの含有量が豊富
  • ヘーゼルナッツ油【栄養補給】栄養を多く含み『若返り効果』のあるオイル
  • ミツロウ【保湿・抗菌作用】皮ふをやわらかくして、保湿・抗菌する
  • オレンジ油【消炎・活性】乾燥肌・シワの改善に有効
  • パルマローザ油【皮膚再生】水分のバランスを回復させ、皮膚の自然な分泌を促す
  • ラバンデュラハイブリダ油【殺菌】清楚な清潔感にあふれ青草のような花の香りでリフレッシュ効果・皮ふ炎の改善も期待できる
  • シモツケソウエキス【皮ふ調整・収斂】開いた毛穴の原因となる過剰な皮脂分泌を抑え、肌を引き締めてなめらかな肌へ整える

出典:フィッツ レ イドロ ネトワヤン │ オーガニックコスメ・化粧品 フィッツ - PHYT'S -

成分については、ひとつひとつの安全性が高いです。でも濃度の問題なのか、敏感肌さん向けではない使用感あり^^;←感想にまとめました。

使用期限は3ヶ月

フィッツの製品はすべて、合成の防腐剤・着色料・ゲル化剤・酸化防止剤・分解帽子剤は使用していません。

したがって、クレンジングミルクも開封後は3ヶ月以内に使い切りましょう☆

フィッツ レイドロネトワヤンを使ってみた感想

まずびっくりしたのが、商品のサイズ。容量なんと200g!コスパが良いのか悪いのか…3ヶ月で使い切るには十分の量です。

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤンを手の甲に出している

乳液状クレンジングとのことですが、テクスチャは乳液と言うより[ こっくりとしたクリーム ]みたい。

  • メイクを落とす場合:乾いた手に500円玉大をメイクとなじませて洗い流す
  • 朝洗顔の場合:濡れた手に100円玉大を出してなじませてから洗い流す

朝洗顔は塗れた手の方が刺激が少ないようです。

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤンを手の甲に伸ばしている

もうとにかく めちゃくちゃ香りがいい!エッセンシャルオイルで気分もリフレッシュできます。

香料はすべて天然由来ですが、でも結構強めに香るので、もしかしたら苦手な方もいるかも…でもエッセンシャルオイルが好きな方ならハマるはず。

フィッツ(PHYT'S)レイドロネトワヤンを手の甲の全体に伸ばしている

そして肌をこすらないように、指の腹でクルクル~とクレンジング&洗顔をするんですが、どうもケミカルコスメは落ちが悪いですね。アイシャドウは落ちてもファンデは×

「それなら丁寧に落とせば落ちるかも!」と長めにクルクルすると、今度はピリピリとした刺激を感じたのでそれもNG…^^;

個人的な予想ですが、フィッツはオーガニックコスメがゆえに、落とすメイクもオーガニックコスメを想定していると思います。オーガニッククレンジングあるある!

 よって朝洗顔に使っていますが、洗い流す時にちょっと時間がかかります。合成の界面活性剤ではないためなんですが、乳化が遅いというより、乳化しにくい。

あと保湿性が高いので、洗い上がりは結構しっとり。でもぬるぬるしたり、ギラギラした油膜感はないので、まだ扱いやすいです☆

この「しっとり」は好き嫌いがありますよね。冬なら合うかも!

わたしの場合、乾燥が気になる日はしっとりしても気になりませんが、肌がベタついている日は他の洗顔料を使ったり水洗顔にしています。

おわりに

ケミカルコスメのメイクは落ちなかったけれど、

  • ナチュラル派メイクをする
  • しっとり感が残る洗い心地が好き
  • 泡洗顔で肌がつっぱる
  • オーガニックコスメが好き

こんな方におすすめです。

そしてとにかくとても良い香りなので、エッセンシャルオイル(特にパルマローザ)が好きな方はぜひチェックしてみてください☆

 

 

PHYT'S(フィッツ)ファンサイト参加中