メイクの上から日焼け止めを塗るならスプレータイプの日焼け止め「プライバシー UVフェイスミスト」がよかった

メイクしたまま日焼け止めを塗り直せるプライバシーのUVミスト

日焼け止めは、どんな日焼け止めを使っていても2~3時間おきに塗り直しが必要です!

そんな時、メイクをしたまま日焼け止めを塗り直せる「UVフェイスミスト 50 フォープラス」をお試しさせていただきました。

  • メイクの上からでも使いたい
  • UVパウダーだと粉浮きが気になる…
  • 肌にうるおいもほしい

そんな方にオススメのUVフェイスミストです☆

日焼け止めを塗り直さないといけない理由

日焼け止めを選ぶ時の基準として、SPF30やSPF50などSPFの数字があります。

SPFの数字は、日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が赤くなるまでの時間を何倍に延ばせるかを数値にしたものです。

SPF20なら、何もつけない状態より日焼けを20倍遅らせるということを表しています。SPF30なら、何もつけない状態より日焼けを30倍遅らせるということを表しています。

仮に、紫外線を浴びて20分ほどで日焼けする(皮膚に赤みが出る)人を基準に考えると、理論上は、

【SPF30の日焼け止めの場合、20分×30=600分(10時間)、日焼けを防ぐ効果が期待できる】

ということになります。

出典:日焼け止めのSPFは高い方がいい?正しいSPFの意味と選び方

しかし、これは理論上の数字によるもので、実際には十分な量をムラなく塗れていなかったり、メイクでヨレたり、汗などで落ちていたりします。

ウォータープルーフの日焼け止めであっても、一般的に2~3時間程度で効果が薄れるとされているので、そのタイミングで塗り直しが必要と言えます。

SPF関係なく朝塗ったら、昼には1回は塗り直すと◎

UVフェイスミストはノンガスの微粒子ミスト

メイクの上から塗り直せるプライバシーのUVフェイスミスト50フォープラスは手のひらサイズ

プライバシーのUVフェイスミスト 50 フォープラスは、ミストタイプの日焼け止めです。

日焼け止め効果はSPF50 PA++++ と最強レベル!

パラベン・アルコールフリー。敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み◎

わたしがいいなーと思ったのはノンガスタイプという点。炎天下にガスタイプを持ち歩くのは危なかったりするので、ありがたいと思いました。

その分、容器も軽くて持ち運びにも便利!あと処分もラクなのもポイント高し。

香料はフローラルブーケの香りが使われていますが、個人的には日焼け止めの原料臭が苦手なので、それより良いです(> <)

全成分はこちら。

【全成分】水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、PEG-30水添ヒマシ油、エトキシジグリコール、BG、グリセリン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、フェニルベンズイミダゾールスルホン酸、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ステアリン酸スクロース、イソステアロイル加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、イソステアリン酸、イランイラン花油、ローズマリー油、ラベンダー油、オレンジ果皮油、ジラウリン酸スクロース、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、水酸化Na、アルキル(C12-20)グルコシド、(C14-22)アルコール、香料

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは紫外線吸収剤で、安全性が高い成分と言われています。PEG-30水添ヒマシ油は界面活性剤で、うるおい成分…と言っていいかなぁ?

他にうるおい成分として、アセチルヒアルロン酸Na・コラーゲンが配合されています。

メイクしたまま日焼け止めを塗り直せるプライバシーのUVミストを使ってみた口コミ

手の甲にかけてみると、こんな感じ。結構ミストが細かく、顔にもふわっとかけられます☆ただ顔から近すぎるとめちゃくちゃかかるので注意ですよ!

液は白くならない透明タイプとのことですが、少しだけ白っぽい。それでもメイクの邪魔にはならないので問題ないです♪

ちなみに、マスカラもウォータープルーフを使っているのでメイク崩れは平気でしたが、うるおいを感じた分テカリは気になりました。

UVミスト+同ブランドのフェイスパウダー併用が最強だと思います☆!

今年の夏はUVフェイスミストを使いこなして、しっかり塗り直すことを目標にしていこうと思います!

日焼け止めって忙しい朝に時間を取られるし、面倒だし「もうシミあるし…;;」なんて思ったりもしますが! 未来の肌のために紫外線対策、一緒に頑張りましょう!

株式会社 黒龍堂ファンサイト参加中